交隣舎出版企画Korinsha

過去の発行書籍

HOME > 過去の発行書籍 > 宗家文書を読む その壱 幕府巡検使が視た対馬

好評発売中

宗家文書を読む その壱
幕府巡検使が視た対馬

  • 対馬古文書研究会編
  • B5判、194 頁
  • 定価2,000 円+税

幕府巡検使が視た対馬

宗家文書から享保二年(一七一七年)の「御巡検使お尋并に御答書」を翻刻した。幕府が派遣した巡検使を迎えて、案内者や宿の亭主、村の下知人、百姓など、都合七二人との間で交わされた一問一答である。島内のほとんどの村を訪問し、あるいは宿に呼び出して、各地の産物や人口、里程など尋ね、また木庭作(畑)による作付や朝鮮との往来などは子細に調べている。

「宗家文書を読む その壱幕府巡検使が視た対馬」の注文

HOME  |  企業情報  |  来訪者へ  |  最近発行の書籍  |  過去の発行書籍  |  お知らせ  |  <対馬>情報  |  注文と発送